jisseki.png

HOME > アドバンス制震システム > 納入実績 > No.22:ヴェルミドール多摩桜ヶ丘

スクリーンショット(2015-08-06 10.47.35).jpg

ヴェルドミール多摩桜ヶ丘 【共同住宅/耐震補強】

ヴェルドミール多摩桜ヶ丘は平成21年に耐震診断を実施したところ、耐震性能が不足していることが判明しました。また、当マンションは、60年の定期借地権付きのため、平成23年に東京都の「住宅アドバイサー派遣制度」を利用し、借地権の法解釈と耐震補強工事の助言を受けました。そして、全所有者に工事の是非・許容負担金等のアンケートを実施し、補強工事実施の承諾を経て直ちに検討委員会を立ち上げました。改修工事は住まいながらを条件として、「居住性・景観性を損なわず外観の意匠性を考慮」を重要テーマに、プロポーザル方式により設計者および施工業者を選定しました。また、東京都、多摩市から4/5の助成金の交付を受けられました。

建物概要

構造種別:1〜5階SRC造、6〜11階RC造
階数:地上11階
竣工年:昭和54年
用途:共同住宅
改修面積:4,973m2

改修工事概要

制震装置:
500シリーズ18基
300シリーズ2基

改修年月:平成25年11月〜平成26年6月
設  計:H.A.D一級建築士事務所
元  請:鴻池ビルテクノ株式会社

(公財)東京都防災建築まちづくりセンター耐震改修計画評定委員会 林 静雄 委員長

shadow_gry_Down.png下記の写真はクリックで拡大します。

スクリーンショット(2015-08-06 10.43.21).jpgambience_arrow01_BU.pngスクリーンショット(2015-08-06 10.43.12).jpg
before                          after

スクリーンショット(2015-08-06 10.43.30).jpg.スクリーンショット(2015-08-06 10.42.52).jpg