jisseki.png

HOME > アドバンス制震システム > 納入実績 > No.21:埼玉県庁第二庁舎【耐震補強】

P1010683M.jpg

埼玉県庁第二庁舎 【庁舎/耐震補強】〔写真集No.21〕

基本計画段階において耐震補強、制震補強、免震補強の比較検討が行われ、耐震性能の確保、コストの面から制震補強が採用されました。さらに、基本設計において制震部材の比較検討が行われ、耐震性、耐久性、施工性、コスト等総合的に判断しアドバンス制震システムが採用されました。補強構面は建物外周のみに限定され、さらに庁舎の執務を継続しながらの施工が要求されたため、執務室に面する建物長辺方向の間接接合部には低騒音・低振動・低粉塵で施工可能な鋼管コッター工法を採用しています。

建物概要

構造種別:鉄骨鉄筋コンクリート造
階数:地上10階、地下2階、PH2階
竣工年:昭和49年
用途:庁舎
改修面積:33,514m2

改修工事概要

制震装置:
(X方向)500シリーズ枠タイプ74枠148基
(Y方向)500シリーズガセットタイプ100基
    800シリーズガセットタイプ 60基

改修年月:平成21年10月〜平成23年3月
設  計:戸田建設株式会社 関東支店(基本設計 : 株式会社久米設計)
元  請:戸田建設株式会社 関東支店

(社)建築研究振興協会 : 評定取得(委員長:勅使川原 正臣 名古屋大学教授、平成21年8月終了)

shadow_gry_Down.png下記の写真はクリックで拡大します。

IMG_1844.jpgambience_arrow01_BU.pngP1010653.jpg
before                          after

IMG_1552サブ.jpgIMG_4194.jpgIMG_3268.jpgP1010003.jpgP1010016.jpgP1010666.jpgP1010662.jpgP1010665.jpgP1010667.jpgIMG_1864.jpgIMG_1918.jpgIMG_1875.jpg