地震対策としての耐震と制震

■耐震技術

G04.png

耐震構造は地震などによって生じる運動エネルギーに対し、建物自身の強度や変形能力で抵抗する構造ですが、能力を超えたエネルギーに対しては建物を部分的に破損させてエネルギーを吸収します。

■制震技術

G03.png

これに対し、制震構造は建物内に取付けた制震装置によってエネルギーを吸収し、建物の応答を小さくして損傷から建物を守る仕組みです。また、建物の変形だけでなく加速度の増加も抑えることができるので、家具の転倒や飛来を抑制することが可能です。