製品情報2.png

HOME > アドバンス制震システム > 増幅倍率の再現性

ピン間距離実測結果を反映した増幅倍率の高い再現性。

新築及び外構面補強の鉄骨フレームに設置する場合は、鉄骨フレームの製作精度、建て方誤差により増幅倍率が設計値と乖離してしまう恐れがあります。
アドバンス制震装置では、ねじ機構によりブレース長さが調整できるので、ピン間距離を測定し、それに基づき設計増幅倍率が想定誤差以内に収まるようブレース長を調整して納入しています。

pon01.png
ブレース長調整による増幅倍率補正
IMG_5301.JPG.pin02.png.pon03.png
ピン間距離測定状況

▼ブレース長調整フロー(下図はクリックで拡大)
syanaikijunn.png