製品情報2.png

HOME > アドバンス制震システム > ラインナップ

新築から耐震補強までのフルラインナップ。

■アドバンス制震システムの製品ライン

アドバンス制震装置は、さまざまな建物にジャストフィットの制震性能を与える新築・補強それぞれ4シリーズの商品構成です。
上下左右の反転も可能ですので、建物の柱間隔や階高、開口部等に合わせて、柔軟に対応いたします。

300シリーズ

200~330kNの減衰力を持つオイルダンパーを使用した部品構成としています。
中心となるオイルダンパーにはストローク±110mm、外径φ165mmのKY330を用意しています。また、ブレース部材は外径φ159mmと細く、スマートなデザインとなっています。

500シリーズ

300~550kNの減衰力を持つオイルダンパーを使用した部品構成としています。
中心となるオイルダンパーにはストローク±110mm、外径φ177mmのKY550を使用します。また、ブレース部材は外径φ190.7mmで、室内に使用しても威圧感を与えません。

200および800シリーズ(特注品)

 300シリーズ、500シリーズを標準としていますが、メーカーの強みを活かし必要な減衰力に応じて柔軟に対応しています。例えば、最大減衰力220kNのオイルダンパーを用いた200シリーズ(ダンパー径φ139.8mm、ブレース径φ139.8mm)と880kNのオイルダンパーを用いた800シリーズ(ダンパー径φ247mm、ブレース径φ219.1mm)を開発し、すでに適用しています。

設置タイプ

設置タイプには1スパン(1枠)にアドバンス制震装置を1基設置するタイプと2基設置するタイプがあります。2基タイプでは出入り口の位置によってダンパーを内側にするタイプも選べます。なお、新築及び外付け補強鉄骨フレームの場合は柱-梁のコーナー部や梁の中間部にガセットプレートを取り付け、アドバンス制震装置を設置します。また、耐震補強の場合は、鋳鋼製の接合金物またはガセットプレートを使用した周辺枠を介してアドバンス制震装置を設置します。

line_school.jpg

shintikuyou.jpg
新築及び外付け補強用

taishinhokyou.jpg
耐震補強用

AKITA.png
500シリーズ ガセットタイプ