HOME > KAWAKINレジリエントシステム > システムの特徴

システムの特徴

地震発生直後の建物の構造健全性を推定するデータを、
迅速に、判りやすく、安価に提供するスマートなシステムです。

即時に判断できます。


大地震発生後、建物の健全性を即時に推定できます。建物の設計時に設定した「目標とした耐震性能(層間変形角、加速度等)」と「本システムの計測データ」を迅速に比較することができます。即時に建物の損傷状況が把握でき、継続使用の可否判断や余震による二次災害を回避することができます。


建物の復旧力(レジリエンス性能)を評価するデータとして
建物の継続使用の可否の判断に。


大地震発生後、判定者の目視調査など技量により構造健全性についての判定がばらつくことから、客観的な損傷度推定データの情報を判定者に提供することができ、建物の構造性能を定量的に評価できます。大地震後の応急危険度調査で、内装材や耐火被覆等で目視困難な柱、梁等の構造部材の被災度を推測することが可能になります。また、防災拠点となる病院や庁舎などに採用される免震建物に本システムを設けることにより、免震層の変位を確認できるので、維持管理に必要な免震層の変位を即時に把握することができます。


地域防災管理と建物の地震被災履歴を長期保存可能です。


本システムのクラウド上に複数建物の地震被災履歴データを一括管理することができるため、地域の防災拠点から、いつでも複数の建物の地震被災履歴を確認することができ、長期間の計測により、建物の経年劣化や被災履歴を把握できます。


※閾値設定等については、建物ごとに設定可能です。
本システム導入の際、建物の特性が不明で閾値設定がわからない等、不明な点がある場合には弊社の構造設計一級建築士の技術者がサポートし、お客様と相談の上決定させていただきます。

IoT技術を用いた地震被災度モニタリングシステム
KAWAKINレジリエントシステム

KAWAKIN Resilient system


電話でのお問い合わせ