HOME > KAWAKINレジリエントシステム > 地震対策の考え方

BCPのための地震対策の考え方

どのようなリスクにも立ち向かえる
地震防災の総合力向上に

建物の地震防災総合力を高めるためには、①予防力向上と②回復力向上という2つの柱があります。
回復力を向上させるための技術にはモニタリングシステムがあり、予防力向上の方策としては、制振構法と免震構法があります。
その2つの柱をバランスよく配備することによって、地震における建物資産の完全な保全を実現することが可能となります。

アドバンス制震システムのページへ

IoT技術を用いた地震被災度モニタリングシステム
KAWAKINレジリエントシステム

KAWAKIN Resilient system


電話でのお問い合わせ